フィリピン航空、札幌/千歳〜マニラ線の開設を再延期 12月7日からに

フィリピン航空は、札幌/千歳〜マニラ線の開設日を12月7日に変更すると発表した。

当初は9月10日の開設を予定していたものの、9月6日に発生した北海道胆振東部地震の影響で、開設日を10月8日に変更すると発表していた。

9月10日から10月7日までに発着する航空券の予約客は、東京/羽田・東京/成田経由便に振り替える。フィリピン航空のウェブサイトで購入した場合、フィリピン航空の発券オフィスで受け付ける。旅行会社で購入した場合、旅行会社で手続きを受け付ける。

札幌/千歳発、マニラ発ともに月・水・金曜の週3便を、ビジネスクラス12席、エコノミークラス156席の計168席を配置したエアバスA321neoで運航する。所要時間は札幌/千歳発は5時間30分、マニラ発は5時間35分。北海道とフィリピンを結ぶ路線は初めての開設となる。スケジュールも当初の予定から変更する。

■ダイヤ
PR405 札幌/千歳(09:45)〜マニラ(14:15)/月・水・金
PR406 マニラ(01:55)〜札幌/千歳(08:30)/月・水・金

詳細はこちら

Wifi 最安価格

スペイン

航空券比較

カナダ行き

59,071