キャセイパシフィック航空とカンタス航空、コードシェア開始 計25路線で

キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック航空とカンタス航空は、10月28日から共同運航(コードシェア)を行うことで合意した。

対象となるのは、キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空が運航する、香港〜バンガロール・ムンバイ・コルカタ・デリー・チェンナイ・コロンボ・ダナン・ホーチミン・ハノイ・ヤンゴン・ケアンズ・パース線とカンタス航空のシドニー〜アデレード・アリススプリングス・ケアンズ線、ブリスベン〜ケアンズ・メルボルン・シドニー・タウンズビル線、メルボルン〜アデレード・キャンベラ・ケアンズ・ホバート・シドニー線、ダーウィン〜パース線の計25路線。

両社のフリークエントフライヤープログラム会員は、それぞれのプログラムを通じてすでにマイルの獲得ができるものの、コードシェア便の利用でステータスポイントの獲得もできるようになる。

キャセイパシフィック航空とカンタス航空は、香港とオーストラリアの間を週100便以上運航している。航空券の販売は10月22日より開始する。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

台湾

航空券比較

アメリカ行き

22,974