シンガポール・セレター空港、新旅客ターミナル運用を年末までに開始 ファイアフライ乗り入れ

チャンギ・エアポート・グループ(CAG)は、シンガポールのセレター空港の新旅客ターミナルの運用を年末までに開始すると発表した。

延床面積は10,000平方メートルで、既存ターミナルの6倍以上に拡大した。年間70万人の利用に対応する。総工費は8,000万シンガポールドル。4つのチェックインカウンター、6つの出入国審査レーン、2つの保安検査場、3機の駐機場などを備える。ビジネスジェットの利用者にも対応する。

マレーシア航空子会社のファイアフライは、ターボプロップ機で運航しているチャンギ空港を発着するマレーシア3路線、1日20便をセレター空港発着に移管する。これによりチャンギ空港の発着枠に余裕が生まれ、多くの大型機の乗り入れが可能となる。

ベトナム Wifi 最安価格

日本-フランス行き航空券

日本-フランス行き航空券

52,878
Traicy Talk (新着投稿)
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • U香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • 海外旅行中にあったトラブルについて
  • 米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • 昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • 参考までに
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 雑談
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
Traicy Talk(回答有)
  • 夜行便の調べ方について
  • 東京から京都に最安で行く方法
  • 海外で食べて一番美味しかったものについて教えてください!
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • ベトナムの観光地の穴場はありますか?
  • アメリカ入国審査