2017年の定時運航率、羽田空港と伊丹空港が各部門の世界一に OAG調べ

イギリスに拠点を置く航空機運航情報会社のOAGは、世界の空港における2017年の定時運航順守率ランキング「OAG Punctuality League 2018」を発表した。

発表によると、1年間の出発便の供給席数が3,000万席以上の「メガ空港部門」で、羽田空港の国内・国際線が定時運航率86.75%となり、3年連続で世界第1位を獲得。2位以下にはマドリード空港(83.63%)、アトランタ空港(82.38%)が続いた。また、年間出発供給座席数が1,000万席以上2,000万席未満の「大規模空港部門」においては、伊丹空港が定時運航率88.45%で世界第1位となり、第3位に定時運航率84.43%で新千歳空港がランクインした。

OAGは、定刻に対して15分以内の遅れを定時運航と定義している。

インドネシア Wifi 最安価格

日本-ベトナム行き航空券

日本-ベトナム行き航空券

18,249
Traicy Talk (新着投稿)
  • Uビールの美味しい国
  • U成田の北ウェイティングエリアはどうなる?
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
Traicy Talk(未回答)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 参考までに
  • ANAマイレージクラブ
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • 海外旅行保険はいってますか
  • 金鵬倶楽部(Fortune Wings Club)のマイルの使い方について
  • 旅行中にTdap(破傷風・ジフテリア・百日咳)ワクチン予防接種
  • 世界一周(質問ではありません)
  • 成田のDLラウンジについて
  • JALマイルが貯められて、Suicaにオートチャージできるクレジットカード