アメリカ運輸保安庁と税関・国境警備局が手数料増額検討 業界団体は反発

アメリカの航空業界団体であるAirlines for Americaは、運輸保安庁(TSA)と税関・国境警備局(CBP)による手数料の増額を拒否するよう、議員に要望する声明を発表した。

2019ネド予算案によれば、TSAは、「Passenger Security Fee」を2019年度に1米ドル、2020年度に1.65米ドルを値上げすることを計画しており、これにより2020年度には片道あたり8.25米ドルに値上げされることになる。さらに、「Immigration Inspection User Fee」は5.65米ドルから7.75米ドルへ、「Customs Fee」は7米ドルから9米ドルにそれぞれ値上げする見通し。

Airlines for Americaは、年間13億米ドルが非航空関連の目的で使用されているとして、2013年からこれまでに支払われた金額を返還するべきだと主張している。

詳細はこちら

カナダ Wifi 最安価格

日本-フィリピン行き航空券

日本-フィリピン行き航空券

14,134
Traicy Talk (新着投稿)
  • U台湾のお土産に青果を持って帰りたいのですが、可能でしょうか?
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • UNエクセスチャージ対策
  • UN海外SIMカードの最適解って結局何?
  • Uヨーロッパとアメリカの違い
  • Uテグかソウルかプサンか、どこが一番楽しいスポットでしょうか。
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • 参考までに
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
Traicy Talk(回答有)
  • 格安航空会社で最もコストパフォーマンスの良い会社を教えてくれませんか。
  • バンコクのホテル選び
  • JGC修行2017
  • 中央アジア周遊ルート
  • 長期滞在の持ち物(包丁、洗い物など)について
  • ペナン島からオランウータンを見に行きたい