JTB・ナビタイム・マイクロソフトの3社、訪日外国人向けアプリを開発

JAPAN Trip Navigator

JTBとナビタイムジャパン、日本マイクロソフトは訪日外国人旅行者向けのスマートフォンアプリ「JAPAN Trip Navigator」の提供を2月22日より開始した。

訪日外国人旅行者に対して「デジタル×ヒューマンタッチ」をコンセプトに、訪日外国人旅行者に常に寄り添った旅行のサポートサービスを、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を基盤として活用し、JTBが持つ豊富な観光情報とナビタイムジャパンのアプリ開発技術、移動経路情報を活かし、3社協業で開発した。

英語でのチャットボットによるガイド機能、100通り以上の観光モデルプランの作成できる機能などを搭載しており、旅行前から旅行中のあらゆる場面で活用できるという。

JTBでは、アプリより得られた訪日外国人旅行者の移動データ、嗜好データなどを収集分析し、訪日外国人旅行者の誘客に課題を持つ自治体やインバウンドビジネスに対して課題を持つ企業への支援に活かす。ナビタイムジャパンでは、アプリ開発やナビゲーション技術の提供を行い、今後も訪日外国人旅行者にとってより便利な機能拡充を行うことでアプリの提供価値を高め、インバウンドの受入環境整備に貢献することを目指す。日本マイクロソフトでは、従来の旅行におけるユーザー体験の向上に加え、新顧客エンゲージメントの機会創出を行うため、チャットボットや画像認識など最新のAI技術を提供する。今後は蓄積した膨大なデータから、最適なレコメンデーション機能拡張など技術支援を継続していくという。

対応言語は英語のみで、その他の言語にも順次対応していく。まずはiOS版より提供し、3月からはAndroid版の提供を開始することを計画している。

Wifi 最安価格

インド

航空券比較

タイ行き

18,020