香港や台湾の”国扱い”に中国当局が調査要求 デルタ航空は謝罪

中国民用航空局(CAAC)

中国民用航空局(CAAC)は、外国の航空会社に対して、公式ウェブサイトやアプリで香港、マカオ、台湾を国として扱っていないか確認するよう通達を行った。

中国の法律によるもので、法律に準拠していない場合には是正するよう求めた。デルタ航空がチベットや台湾を独立国として表示していたことから、中国民用航空局は謝罪を求め、デルタ航空は中国民用航空局に謝罪文を提出し、ウェブサイトでは謝罪を発表している。

ウェブサイトに掲載された謝罪文では、「チベットと台湾を国とする重大な間違いを心から謝罪します。中国はデルタ航空にとってで最も重要な市場の一つです。」として、社内調査を行い、必要な措置を講じるとしている。

この他に、マリオット・インターナショナルも台湾やチベットを中国と同列に扱ったとして、中国語のウェブサイトが一時的に閉鎖に追い込まれた。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

ハワイ

航空券比較

アメリカ行き

23,019