2017年の航空会社と空港別定時運航率、トップはエア・バルティック JAL、ANA、SKYもトップ20に

イギリスのOAGは、2017年の航空会社と空港別の定時運航率を発表した。

全航空会社では、エア・バルティックが90.01%でトップ。以下20位までは、香港航空(88.83%)、ハワイアン航空(87.24%)、コパ航空(86.39%)、カンタス航空(86.18%)、日本航空(JAL)(85.27%)、ブエリング航空(85.25%)、ジェットスター・アジア航空(85.08%)、スカイマーク(85%)、エアリンガス(84.46%)、トランザビア航空(84.25%)、アズールブラジル航空(84.14%)、シンガポール航空(84.07%)、全日本空輸(ANA)(83.81%)、カタール航空(82.95%)、デルタ航空(82.76%)、アリタリア-イタリア航空(82.4%)、エーゲ航空(82.38%)、オーストリア航空(82.15%)、ボラリス(82.13%)の順となった。

大規模航空会社では、トップはJAL、続いて20位までは、ANA、デルタ航空、インディゴ、アラスカ航空、スカンジナビア航空、ユナイテッド航空、ラタム航空、アメリカン航空、サウスウエスト航空とブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ・ドイツ航空、エールフランス航空、ターキッシュ・エアラインズ、イージージェット、ジェットブルー航空、エア・カナダ、中国南方航空、中国東方航空、中国国際航空の順だった。

幹線を運航する航空会社では、エア・バルティックが90.01%でトップ、続いて香港航空、ハワイアン航空、コパ航空、カンタス航空、JAL、エアリンガス、シンガポール航空、ANA、カタール航空の順となった。香港航空は前年の74.46%から10ポイント以上上げた。

格安航空会社(LCC)部門では、ブエリング航空がトップ。ジェットスター・アジア航空、スカイマーク、トランザビア航空、アズールブラジル航空、ボラリス、スカイ・エアライン(81.93%)、ゴル航空(81.73%)、インディゴ(81.22%)、ユーロウィングス(79.39%)の順となった。

空港別では、出発便の年間席数が250万から500万席規模の小規模空港ではテネリフェ・ノルテ空港が90.05%、ハノーファー空港(89.34%)、スタヴァンゲル空港(86.67%)、ダーバン国際空港(86.65%)、アンカレッジ国際空港(86.64%)の順に続いた。

出発便の年間席数が500万から1,000万席規模の中規模空港では、バーミンガム空港(89.52%)、トクメン国際空港(パナマシティ、88.26%)、ケルン・ボン空港(86.66%)、タンクレド・ネヴェス国際空港(84.96%)、シュトゥットガルト空港(84.71%)の順で、11位には中部国際空港(83.22%)がランクインした。

出発便の年間席数が1,000万から2,000万席規模の大規模空港では、大阪国際空港が88.45%でトップ。ソルトレイクシティ国際空港(86.01%)、新千歳空港(84.73%)、プレジデント・ジュセリノ・クビシェッキ国際空港(84.58%)、アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港(84.25%)の順となった。

出発便の年間席数が2,000万から3,000万席規模の空港では、ミネアポリス・セントポール空港が85.72%で首位。ドーハのハマド国際空港(85.41%)、モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港(83.55%)、デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港(83.3%)、フェニックス・スカイハーバー国際空港(83.22%)の順。7位には成田国際空港(81.83%)が入った。

出発便の年間席数が3,000万席以上の空港では、東京国際空港が86.74%で首位。以降はアドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港(83.63%)、ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(82.38%)、デンバー国際空港(82.24%)の順だった。シンガポールのチャンギ国際空港は6位、バンコクのスワンナプーム国際空港は70.77%、香港国際空港は19位、ソウルのインチン国際空港は20位だった。

多くの便を運航している路線別では、国際線は香港〜台北/桃園線が世界一。定時運航率は香港航空、キャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空が平均以上となったものの、エバー航空とチャイナエアラインの台湾2社は庭訓を大幅に下回った。

以下、20位までの路線は、クアラルンプール〜シンガポール線、ジャカルタ〜シンガポール線、ジャカルタ〜クアラルンプール線、香港〜上海/浦東線、ニューヨーク/ラガーディア〜トロント線、香港〜ソウル/仁川線、北京〜香港線、ダブリン〜ロンドン/ヒースロー線、バンコク/スワンナプーム〜シンガポール線、バンコク〜香港線、ロンドン/ヒースロー〜ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ線、香港〜シンガポール線、シカゴ/オヘア〜トロント線、ダブリン〜クウェート線、香港〜マニラ線、アムステルダム〜ロンドン/ヒースロー線、フランクフルト〜ロンドン/ヒースロー線、カイロ〜ジッダ線、ストックホルム〜オスロ線と多くの路線がアジア域内の路線だった。

国内線では、済州〜ソウル/金浦線がトップ。2位はベルボルン〜シドニー線、3位はムンバイ〜デリー線だった。日本国内線は、4位に福岡〜東京/羽田線、6位は札幌/千歳〜東京/羽田線、17位は東京/羽田〜大阪/伊丹線となった。

オーストラリア Wifi 最安価格

日本-タイ行き航空券

日本-タイ行き航空券

12,984
Traicy Talk (新着投稿)
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • UN香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • U海外旅行中にあったトラブルについて
  • U米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • U昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAマイレージクラブ
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • JALマイレージバンク
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • 香港エクスプレスのセールチケットを予約する方法。
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて
  • プーケットに行きたい!
  • 機内持ち込みスーツケースについて
  • 3月にハワイへ行きたいです。
  • Uberを利用したことがある方。どうでしたか?