2017年の航空会社と空港別定時運航率、トップはエア・バルティック JAL、ANA、SKYもトップ20に

イギリスのOAGは、2017年の航空会社と空港別の定時運航率を発表した。

全航空会社では、エア・バルティックが90.01%でトップ。以下20位までは、香港航空(88.83%)、ハワイアン航空(87.24%)、コパ航空(86.39%)、カンタス航空(86.18%)、日本航空(JAL)(85.27%)、ブエリング航空(85.25%)、ジェットスター・アジア航空(85.08%)、スカイマーク(85%)、エアリンガス(84.46%)、トランザビア航空(84.25%)、アズールブラジル航空(84.14%)、シンガポール航空(84.07%)、全日本空輸(ANA)(83.81%)、カタール航空(82.95%)、デルタ航空(82.76%)、アリタリア-イタリア航空(82.4%)、エーゲ航空(82.38%)、オーストリア航空(82.15%)、ボラリス(82.13%)の順となった。

大規模航空会社では、トップはJAL、続いて20位までは、ANA、デルタ航空、インディゴ、アラスカ航空、スカンジナビア航空、ユナイテッド航空、ラタム航空、アメリカン航空、サウスウエスト航空とブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ・ドイツ航空、エールフランス航空、ターキッシュ・エアラインズ、イージージェット、ジェットブルー航空、エア・カナダ、中国南方航空、中国東方航空、中国国際航空の順だった。

幹線を運航する航空会社では、エア・バルティックが90.01%でトップ、続いて香港航空、ハワイアン航空、コパ航空、カンタス航空、JAL、エアリンガス、シンガポール航空、ANA、カタール航空の順となった。香港航空は前年の74.46%から10ポイント以上上げた。

格安航空会社(LCC)部門では、ブエリング航空がトップ。ジェットスター・アジア航空、スカイマーク、トランザビア航空、アズールブラジル航空、ボラリス、スカイ・エアライン(81.93%)、ゴル航空(81.73%)、インディゴ(81.22%)、ユーロウィングス(79.39%)の順となった。

空港別では、出発便の年間席数が250万から500万席規模の小規模空港ではテネリフェ・ノルテ空港が90.05%、ハノーファー空港(89.34%)、スタヴァンゲル空港(86.67%)、ダーバン国際空港(86.65%)、アンカレッジ国際空港(86.64%)の順に続いた。

出発便の年間席数が500万から1,000万席規模の中規模空港では、バーミンガム空港(89.52%)、トクメン国際空港(パナマシティ、88.26%)、ケルン・ボン空港(86.66%)、タンクレド・ネヴェス国際空港(84.96%)、シュトゥットガルト空港(84.71%)の順で、11位には中部国際空港(83.22%)がランクインした。

出発便の年間席数が1,000万から2,000万席規模の大規模空港では、大阪国際空港が88.45%でトップ。ソルトレイクシティ国際空港(86.01%)、新千歳空港(84.73%)、プレジデント・ジュセリノ・クビシェッキ国際空港(84.58%)、アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港(84.25%)の順となった。

出発便の年間席数が2,000万から3,000万席規模の空港では、ミネアポリス・セントポール空港が85.72%で首位。ドーハのハマド国際空港(85.41%)、モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港(83.55%)、デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港(83.3%)、フェニックス・スカイハーバー国際空港(83.22%)の順。7位には成田国際空港(81.83%)が入った。

出発便の年間席数が3,000万席以上の空港では、東京国際空港が86.74%で首位。以降はアドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港(83.63%)、ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(82.38%)、デンバー国際空港(82.24%)の順だった。シンガポールのチャンギ国際空港は6位、バンコクのスワンナプーム国際空港は70.77%、香港国際空港は19位、ソウルのインチン国際空港は20位だった。

多くの便を運航している路線別では、国際線は香港〜台北/桃園線が世界一。定時運航率は香港航空、キャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空が平均以上となったものの、エバー航空とチャイナエアラインの台湾2社は庭訓を大幅に下回った。

以下、20位までの路線は、クアラルンプール〜シンガポール線、ジャカルタ〜シンガポール線、ジャカルタ〜クアラルンプール線、香港〜上海/浦東線、ニューヨーク/ラガーディア〜トロント線、香港〜ソウル/仁川線、北京〜香港線、ダブリン〜ロンドン/ヒースロー線、バンコク/スワンナプーム〜シンガポール線、バンコク〜香港線、ロンドン/ヒースロー〜ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ線、香港〜シンガポール線、シカゴ/オヘア〜トロント線、ダブリン〜クウェート線、香港〜マニラ線、アムステルダム〜ロンドン/ヒースロー線、フランクフルト〜ロンドン/ヒースロー線、カイロ〜ジッダ線、ストックホルム〜オスロ線と多くの路線がアジア域内の路線だった。

国内線では、済州〜ソウル/金浦線がトップ。2位はベルボルン〜シドニー線、3位はムンバイ〜デリー線だった。日本国内線は、4位に福岡〜東京/羽田線、6位は札幌/千歳〜東京/羽田線、17位は東京/羽田〜大阪/伊丹線となった。

フィリピン Wifi 最安価格

日本-マレーシア行き航空券

日本-マレーシア行き航空券

22,053
Traicy Talk (新着投稿)
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • U旅行に持っていけるパンを温める電化製品を教えて下さい
  • Uエコノミークラスでもお得なサービスのある航空会社
  • Uストックホルム経由リガ行きの旅について
  • U三か月以内にグアムに旅行した方に質問
  • UN韓国のトースト
Traicy Talk(未回答)
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 雑談
  • JGC修行2017
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
Traicy Talk(回答有)
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 海外旅行保険はいってますか
  • イレギュラーな価格の航空券ってどうすれば見つけられるのですか。
  • おすすめの宮崎ごはん
  • 中国に持っていってはいけないものはありますか。
  • 夜行便の調べ方について