ブリティッシュ・エアウェイズ、米企業と家庭ごみをジェット燃料に転換させる処理場設計

ブリティッシュ・エアウェイズは、アメリカのVelocysと提携し、家庭ごみをジェット燃料に転換させるゴミ処理場を設計する。

建設予定のゴミ処理場では、サンノゼとニューオーリンズ線で運航しているボーイング787型機が1年間に必要となる燃料を生み出す。従来の化石燃料と比べると、温室効果ガスは60%少なくなり、年間で60,000トンの二酸化炭素削減につながるという。

年間数十トンの家庭ごみを収集し、大気汚染物質を排出しない再生可能燃料にすることで、2050年までに正味排出量を50%削減することを目指す。イギリスでは年間1,500万トンの廃棄物が埋め立て場に廃棄されており、温室効果ガスを排出している。

詳細はこちら

イギリス Wifi 最安価格

日本-イギリス行き航空券

日本-イギリス行き航空券

57,456
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN【台北以外】ネットカフェ宿泊について
  • U香港のディズニーランドについて
  • U三か月以内にグアムに旅行した方に質問
  • Uクルーズ船の予約方法
  • 務安国際空港について
  • 機内食を食べれないかたはどうしているか知っていますか?
Traicy Talk(未回答)
  • 東京で静かなルートで観光がしたい
  • JALマイレージバンク
  • 台湾で髪を切ってもらおうと考えています。若者に人気のヘアサロン教えてください。
  • JGC修行2017
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • 台湾のお土産に青果を持って帰りたいのですが、可能でしょうか?
  • 台湾の夜市でオススメの場所はどこかありますか。
  • 数カ国周遊する時のSIMカード
  • ガンジス川で沐浴したことがある方の体験談を募集
  • ベネチアまでの航空会社について
  • JAL特典航空券の前倒し搭乗