ジェットスター・パシフィック航空、大阪/関西〜ハノイ・ダナン線開設

ジェットスター・パシフィック航空は、大阪/関西〜ハノイ線を9月1日、大阪/関西〜ダナン線を9月2日より開設した。

格安航空会社(LCC)として、日本とベトナムを結ぶ路線の開設はバニラエアに次いで2路線目、直行便では初めてとなる。いずれの路線も、エコノミークラス180席を配置したエアバスA320型機で週4便を運航する。

ベトナムには日本人が16,000人以上おり、在日ベトナム人も2016年現在で約20万人いる。ベトナムを訪れる日本人旅行者数も年々増加傾向で、2016年には74万人を突破しているという。

ジェットスター・パシフィック航空のグエン・クオック・フォン最高経営責任者(CEO)は「本路線の運航開始により、ビジネス、休暇のいずれの目的においても、お客様に低運賃のフライトを提供できるようになり、両国間の交流が今後より一層深まることを期待しています。また、大阪からは、グループ会社ジェットスター・ジャパンの国内線に乗り継いで、国内の他の都市にも足を延ばすことが可能となります」とコメントしている。

■ダイヤ
BL621 大阪/関西(22:15)〜ハノイ(00:40+1)/月・水・金・日
BL620 ハノイ(01:45)〜大阪/関西(08:15)/月・火・木・土

BL165 大阪/関西(09:15)〜ダナン(12:00)/月・火・木・土
BL164 ダナン(14:30)〜大阪/関西(21:15)/月・水・金・日

詳細はこちら