マリオットとアリババが合弁会社設立 中国市場で新たな旅の体験を提案

マリオット・インターナショナルとアリババグループは合弁会社を設立した。

アリババが運営する旅行サービスプラットフォーム「Fliggy(フリッギー)」でマリオット・インターナショナルはウェブ店舗を運営する。アリババが持つ月間5億人以上のモバイルアクティブユーザーに直接販売が可能となるほか、両社がロイヤリティ・プログラムを連携させることで、中国人旅行者向けにカスタマイズしたコンテンツやプログラムの提供が可能となる。

中国人旅行者は今後5年間で約7億回の旅行を行うことが予測されており、中国市場で旅行業界はさらなる成長が期待できるという。マリオット・インターナショナルのオーナーやフランチャイジーは中国人の取り込みを効率的に行うことが可能となる。また、「Alipay」を利用した支払いにも世界中で順次対応する。

詳細はこちら

マレーシア(主要都市) Wifi 最安価格

日本-ドイツ行き航空券

日本-ドイツ行き航空券

52,634
Traicy Talk (新着投稿)
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • UN香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • U海外旅行中にあったトラブルについて
  • U米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • U昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAマイレージクラブ
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • JALマイレージバンク
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • 香港エクスプレスのセールチケットを予約する方法。
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて
  • プーケットに行きたい!
  • 機内持ち込みスーツケースについて
  • 3月にハワイへ行きたいです。
  • Uberを利用したことがある方。どうでしたか?