マリオットとアリババが合弁会社設立 中国市場で新たな旅の体験を提案

マリオット・インターナショナルとアリババグループは合弁会社を設立した。

アリババが運営する旅行サービスプラットフォーム「Fliggy(フリッギー)」でマリオット・インターナショナルはウェブ店舗を運営する。アリババが持つ月間5億人以上のモバイルアクティブユーザーに直接販売が可能となるほか、両社がロイヤリティ・プログラムを連携させることで、中国人旅行者向けにカスタマイズしたコンテンツやプログラムの提供が可能となる。

中国人旅行者は今後5年間で約7億回の旅行を行うことが予測されており、中国市場で旅行業界はさらなる成長が期待できるという。マリオット・インターナショナルのオーナーやフランチャイジーは中国人の取り込みを効率的に行うことが可能となる。また、「Alipay」を利用した支払いにも世界中で順次対応する。

詳細はこちら

マレーシア Wifi 最安価格

日本-フランス行き航空券

日本-フランス行き航空券

59,164
Traicy Talk (新着投稿)
  • UNクルーズ船の予約方法
  • UN務安国際空港について
  • U三か月以内にグアムに旅行した方に質問
  • U機内食を食べれないかたはどうしているか知っていますか?
  • U8月の香港一人旅、観光地やレストランのおすすめは?
  • 次の旅行先のオススメ教えてください
Traicy Talk(未回答)
  • 台湾で髪を切ってもらおうと考えています。若者に人気のヘアサロン教えてください。
  • 雑談
  • ANAのマイルを貯めたい!
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 東京で静かなルートで観光がしたい
Traicy Talk(回答有)
  • 中国に持っていってはいけないものはありますか。
  • 飛行機の中のトイレ
  • 世界一周(質問ではありません)
  • 3月にハワイへ行きたいです。
  • 香港競馬について
  • アメリカ入国審査