エア・カナダ ルージュ、名古屋/中部〜バンクーバー線就航 最大週4便

エア・カナダ ルージュは、名古屋/中部〜バンクーバー線をきょう6月2日より季節定期便として開設した。

10月27日まで、最大で週4便をボーイング767-300ER型機で運航する。これにより、エア・カナダと合わせると、日本とカナダを週39便で結ぶことになる。

記念セレモニーには、船山利英中部国際空港長、イアン・バーニー駐日カナダ大使、中部国際空港の友添雅直代表取締役社長、エア・カナダ国際営業部門のティモシー・リューシニア・ディレクター、エア・カナダのワイス貴代日本支社長が出席した。

エア・カナダ ルージュは、エア・カナダのレジャー航空会社で、トロントを拠点に、ヨーロッパ、カリブ、メキシコ、アメリカの観光路線に就航しており、2015年6月に、大阪/関西〜バンクーバー線でアジアに初めて乗り入れた。

■ダイヤ
AC1956 名古屋/中部(16:45)〜バンクーバー(10:00)
AC1955 バンクーバー(12:45)〜名古屋/中部(15:15+1)

詳細はこちら

Wifi 最安価格

カナダ

航空券比較

カナダ行き

59,447