パラダイスセガサミー、韓国初のIR「パラダイスシティ」を仁川国際空港近くにオープン

セガサミーホールディングスとパラダイスグループの合弁会社であるPARADISE SEGASAMMYは、韓国初の統合型リゾート(IR)となる「パラダイスシティ」を仁川国際空港近くに4月20日オープンした。

敷地面積は約33万平方メートルで、ホテル、カジノ、宴会場を設けている。2018年上半期には、商業施設、文化施設、プレミアムスパ、クラブ、エンターテインメント施設、デザイナーズホテルも開業する。ホテルは地下2階、地上10階建てで客室数は711室。4つのレストランやエンターテインメントホール、室内と屋外プールなども備えている。カジノは約15,000平方メートルで、テーブルゲーム158台、スロットマシーン291台、エレクトロニックテーブルゲーム4台62席を設けた。総投資額は1兆3,000億韓国ウォン(約1,289億円)で、セガサミーホールディングスは2,329億韓国ウォン(約231億円)を投資した。

同日に行われた開業式には、パラダイスグループの田必立(チョン・ピルリップ)会長、セガサミーホールディングスの里見治代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)、PARADISE SEGASAMMY の鄭然琇(ジョン・ヨンス)代表理事のほか、仁川広域市の劉正福(ユ・ジョンボク)市長、仁川国際空港公社の鄭日永(チョン・イルヨン)社長などの来賓など、総勢480名が出席した。

セガサミーホールディングスの里見治代表取締役会長兼CEOは、「パラダイスシティは、自信をもって誇れる施設に仕上がっています。また、施設内に配置された世界に名立たるアーティストたちの作品群が、パラダイスシティに彩りと調和をもたらしてくれています。世界中の皆様に、この類まれなる上質なエンタテインメント空間をご堪能いただきたいと思います。」とコメントした。パラダイスグループの田必立会長も、「パラダイスシティは、観光産業のパイオニアであるパラダイスグループだからこそできた挑戦です。アジア初の統合型リゾートとしてパラダイスシティを通じ大韓民国の価値を高め、世界中の人々が楽しめる韓流の発信地を作っていきたいと思います。」と自信を示した。

アクセスは、仁川国際空港から車で3分。

詳細はこちら

インドネシア Wifi 最安価格

日本-イギリス行き航空券

日本-イギリス行き航空券

59,195
Traicy Talk (新着投稿)
  • Uビールの美味しい国
  • Uマイレージカードについて
  • U夏の旅行でおすすめの場所
  • U旅行に持っていけるパンを温める電化製品を教えて下さい
  • Uヴェトナム航空 、日本発着タイ行きでセール2.8万円から
  • U機内食がおいしい航空会社
Traicy Talk(未回答)
  • JGC修行2017
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • 参考までに
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • ANAマイレージクラブ
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
Traicy Talk(回答有)
  • 韓国のおすすめアカスリ屋さん
  • 学生向けクレジットカードについて
  • Airport Limousine成田東京線の存在意義?
  • 海外でのバイクレンタル
  • 成都空港のホテル
  • イレギュラーな価格の航空券ってどうすれば見つけられるのですか。