セブパシフィック航空、ライムライトのCDN導入 ウェブサイトのパフォーマンスと安全性改善

セブパシフィック航空は、ライムライト・ネットワークスのコンテンツデリバリーネットワーク(CDN)を導入し、ウェブサイトのパフォーマンスを改善した。

乗客のうち60%から80%がオンラインで予約するため、事業拡大に伴い、高速で安全、信頼性が高いものに引き上げ、トラフィックの増加に追いつく必要があり、ライムライト・ネットワークスのCDNを導入することで、東アジアで44%、世界で66%、ウェブサイトのパフォーマンスを向上させた。これにより、顧客からの苦情が大幅に減ったという。

セブパシフィック航空業務部バイスプレジデントのJRマンタリン氏は、「大多数のお客様がチケットをオンラインで予約するため、予約サイトへのアクセスに問題があると、顧客体験に影響を与えます。セブパシフィック航空は、高品質で革新的なサービスと価値のある旅行体験をお客様に提供することを目指しており、ウェブサイトのパフォーマンスを向上させる方法を常に探しています。Limelight Networksを採用したことで、それを実現できました。」と述べている。

セブパシフィック航空は現在、フィリピンの38都市と、アジア・オーストラリア・アメリカ・中東の30都市を結ぶ路線を運航。1996年の就航以来、現在までに1億3,000万人が利用している。

インドネシア Wifi 最安価格

日本-イタリア行き航空券

日本-イタリア行き航空券

48,233
Traicy Talk (新着投稿)
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • UN香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • U海外旅行中にあったトラブルについて
  • U米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • U昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • 参考までに
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • ANAマイレージクラブ
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
Traicy Talk(回答有)
  • シンガポールでの日本土産購入箇所について
  • オープンジョー
  • 香港~マカオの行き方
  • ホテルをお得に泊まるには?
  • JGC修行2017
  • Tripair(トリペア)で航空券購入