マカオ航空、燃油サーチャージの廃止継続 3月31日発券分まで

マカオ航空

マカオ航空は、3月31日発券分まで日本発着航空券の燃油サーチャージ廃止を継続している。

2016年4月1日発券分より燃油サーチャージを廃止しており、燃油サーチャージの非徴収は1年間連続になる。マカオ航空では、航空燃料のシンガポールケロシンの2ヶ月平均価格が50ドルを下回った場合には、翌々月1日発券分から廃止すると定めている。

全日空(ANA)、日本航空(JAL)をはじめとする多くの航空会社では、燃油サーチャージの徴収を2月1日発券分より再開している。

詳細はこちら

オーストラリア Wifi 最安価格

日本-中国行き航空券

日本-中国行き航空券

13,083
Traicy Talk (新着投稿)
  • U旅行に持っていけるパンを温める電化製品を教えて下さい
  • Uみなさん、ハワイではどのくらいのチップ払いますか。
  • U機内食がおいしい航空会社
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • UANAのマイルを貯めたい!
  • UANA SFC修行2017
Traicy Talk(未回答)
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
Traicy Talk(回答有)
  • 中央アジア周遊ルート
  • 青春18切符の裏技について
  • 釜山とソウルで食文化に違いはありますか。
  • 金鵬倶楽部(Fortune Wings Club)のマイルの使い方について
  • 香港エクスプレスのセールチケットを予約する方法。
  • 乗り継ぎ地の空港税の二重払い