日本貨物航空、不適切な整備作業で国交省が厳重注意

nca

国土交通省は、日本貨物航空が不適切な整備作業を実施していたとして厳重注意した。

不適切な整備作業が行われていたのは、ボーイング747-8F(機体番号:JA18KZ)で、エンジンの空冷配管の取り付けボルトの整備を、複数の整備従事者が、作業の実施方法の決定、作業工程の管理、検査の実施など一連の整備作業の実施と整備記録の作成を、国土交通大臣の認可を受けた業務規程や整備規程によらずに行い、航空法第19条第1項(同法第10条第4項の基準に適合すること)の確認の未実施、事実と異なる確認を度重ねていたことが明らかとなったことによるもの。

9月21日に日本貨物航空から国土交通省航空局に報告があり、国土交通省航空局の調査で判明したもの。国土交通省は日本貨物航空に対し、10月19日までに文書で再発防止策を報告するよう指示した。

詳細はこちら

カナダ Wifi 最安価格

日本-オーストラリア行き航空券

日本-オーストラリア行き航空券

29,242
Traicy Talk (新着投稿)
  • U機内食がおいしい航空会社
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • Uみなさん、ハワイではどのくらいのチップ払いますか。
  • UANAのマイルを貯めたい!
  • UANA SFC修行2017
  • UNマイレージカードについて
Traicy Talk(未回答)
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
Traicy Talk(回答有)
  • yellow card要否について
  • ジョイフルトレインに乗りたい
  • 海外でドミトリーホステルに宿泊するときにあると便利なもの
  • 上海浦東 深夜の移動
  • 海外旅行中にあったトラブルについて
  • ジェットスターセールの高松線について