セブパシフィック航空、クラーク発着便を増強 4路線週27便体制に

セブパシフィック航空

セブパシフィック航空は12月16日より、クラーク発着便を増便し、輸送力を強化する。

セブ線は週3便から6便に、香港線は週7便から10便にそれぞれ増便する。いずれも販売を開始している。現在はクラークとセブ、香港、マカオ、シンガポールを結ぶ路線を週21便運航しており、12月16日からは週27便に拡大することになる。

クラークと香港を結ぶ路線を拡大することで、アジア最大の金融ハブである香港からの貿易、投資を促進できるほか、クラークとセブを結ぶ路線を増便することで、国内観光の機会を後押しするものとなるという。

また、セブパシフィック航空はクラーク国際空港に、シンガポールのSIAエンジニアリングとの合弁会社である、SIAエンジニアリングフィリピン(SIAEP)を設立。航空機のメンテナンス、修理などを行う。3つの格納庫を備えている。また、CAEとの合弁会社のパイロットのトレーニングセンターも存在している。

詳細はこちら

香港 Wifi 最安価格

日本-中国行き航空券

日本-中国行き航空券

13,083
Traicy Talk (新着投稿)
  • U機内食がおいしい航空会社
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • Uみなさん、ハワイではどのくらいのチップ払いますか。
  • UANAのマイルを貯めたい!
  • UANA SFC修行2017
  • UNマイレージカードについて
Traicy Talk(未回答)
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
Traicy Talk(回答有)
  • yellow card要否について
  • ジョイフルトレインに乗りたい
  • 海外でドミトリーホステルに宿泊するときにあると便利なもの
  • 上海浦東 深夜の移動
  • 海外旅行中にあったトラブルについて
  • ジェットスターセールの高松線について