チャイナエアライン、受託手荷物許容量を10キロ増量 エコノミークラスは30キロまで無料に

チャイナエアライン

チャイナエアラインは、中南米・米国・カナダ領域外の発着便において、受託手荷物許容量を10キロ増量する。

7月14日までの受託手荷物許容量は、エコノミークラスでは20キロ、プレミアムエコノミークラスでは25キロ、ビジネスクラスでは30キロだった。7月15日からはそれぞれ10キロずつ増量し、30キロ、35キロ、45キロとする。ダイナスティ・フライヤー・プログラムの、パラゴン・エメラルド・ゴールド会員の手荷物許容量無料追加の特典は、引き続き利用できる。

なお、受託手荷物1個あたりの最大重量は32キロまでで、32キロを超える場合は分割しての梱包が必要となる。

詳細はこちら

インド Wifi 最安価格

日本-アメリカ行き航空券

日本-アメリカ行き航空券

22,309
Traicy Talk (新着投稿)
  • U香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • U台湾のお土産に青果を持って帰りたいのですが、可能でしょうか?
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • UNエクセスチャージ対策
  • UN海外SIMカードの最適解って結局何?
  • Uヨーロッパとアメリカの違い
Traicy Talk(未回答)
  • 雑談
  • 参考までに
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • ANAマイレージクラブ
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • JALマイレージバンク
Traicy Talk(回答有)
  • ソウル発券の代替地
  • ヨーロッパでお得に使えるクレジットカードは?
  • ホストファミリーへのおすすめお土産を教えてください
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
  • 日帰りで韓国旅行することになりました。効率の良いプラン教えてください。
  • LCCの長距離便は大変ですか?