エアバスA350型機、米連邦航空局から180分超のETOPS認可 より最短航路の飛行可能に

airbus

エアバスは、A350-900型機が、アメリカ連邦航空局(FAA)から180分超のETOPSの認可を取得したと発表した。

ETOPSは2基あるエンジンのうち1基が停止した際の代替空港までの飛行時間を定めたもので、標準となるのは180分。FAAの認可により、エンジンが1基不作動になった状態の飛行速度で最大2,000海里(3,704キロ)まで延ばすことができる。さらに、エアバスA350XWBの商業運航数が増加すれば、年末には370分のETOPSもFAAが認可する見通し。

これにより、アメリカから東南アジアやオーストラリアなど、太平洋上空を飛行する航路で、従来と比較してより直線で効率的な航路を飛行できるようになる。

スペイン Wifi 最安価格

日本-ベトナム行き航空券

日本-ベトナム行き航空券

19,540
Traicy Talk (新着投稿)
Traicy Talk(未回答)
  • N成都おすすめのスポット教えてください!
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月7日土曜日)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAのマイルを貯めたい!
  • おすすめの宮崎ごはん
Traicy Talk(回答有)
  • 米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • 数カ国周遊する時のSIMカード
  • 別々の航空会社で航空券を購入した際の乗り継ぎについて
  • 海外でのライブチケットの取り方。
  • 夏の旅行でおすすめの場所
  • ビールの美味しい国