アエロフロート・グループ、欧州で2番目に高い営業利益率10%突破 LCCが牽引

アエロフロート・ロシア航空

アエロフロート・グループは、2015年の営業利益が441億700万ロシア・ルーブル(約699.2億円)、営業利益率が10.6%となり、欧州の大手航空会社グループの中で2番目に高い営業利益率を達成したと発表した。

マルチブランド戦略を進めることにより、旅客数は13%増加。特に2014年後半に運航を開始した格安航空会社(LCC)のポベーダ(Pobeda)の利用者が増加したことも寄与した。2015年にはロシア国内で310万人が利用したほか、モスクワとケルン・ボン、ブラチスラバ、メミンゲン、ミラノを結ぶ初の国際線の運航も開始している。

ロシアでは経済制裁やルーブル安に伴い経済環境は厳しさを増している。トランスアエロ航空は2015年10月に運航停止に追い込まれており、アエロフロートやS7航空などの利用者増には追い風となっている。営業利益率は2桁となる10.6%で、アイルランド航空に次いでヨーロッパでは2番目だった。

詳細はこちら

アメリカ Wifi 最安価格

日本-イギリス行き航空券

日本-イギリス行き航空券

70,376
Traicy Talk (新着投稿)
  • U香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • U台湾のお土産に青果を持って帰りたいのですが、可能でしょうか?
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • UNエクセスチャージ対策
  • UN海外SIMカードの最適解って結局何?
  • Uヨーロッパとアメリカの違い
Traicy Talk(未回答)
  • 雑談
  • 参考までに
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • ANAマイレージクラブ
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • JALマイレージバンク
Traicy Talk(回答有)
  • ソウル発券の代替地
  • ヨーロッパでお得に使えるクレジットカードは?
  • ホストファミリーへのおすすめお土産を教えてください
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
  • 日帰りで韓国旅行することになりました。効率の良いプラン教えてください。
  • LCCの長距離便は大変ですか?