ICAO、リチウムイオン電池の預け入れを禁止 機内持ち込みは可能

ICAO

国際民間航空機関(ICAO)は、旅客機でのリチウムイオン電池の貨物室への預け入れを4月1日から暫定的に禁止する。カナダ現地時間で2月22日に発表した。

これは安全対策のためで、新しいリチウムイオン電池包装性能基準が定められる2018年まで続けられる予定。航空機での貨物輸送の禁止は、航空機メーカーやパイロット協会も要望していた。乗員や乗客が機内に持ち込むリチウムイオン電池は対象外で、従来通りモバイルバッテリーやパソコン、携帯電話の持ち込みはできる。

発火の可能性があるリチウムイオン電池やリチウム電池は、一部の航空会社では手荷物の預け入れが禁止されている。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

タイ

航空券比較

インド行き

29,162