2015年の定時到着率トップ10、日本から2社ランクイン 格安航空会社部門ではエア・ドゥも

flightstats

アメリカのFlightStats(フライトスタッツ)社は、2015年1月から12月までの定時到着率のトップ10を発表した。

航空会社別ではトップは日本航空(JAL)で89.44%、2位はイベリア航空で88.97%、3位は全日空(ANA)で88.88%となった。トップ10は、KLMオランダ航空、オーストリア航空、スカンジナビア航空、TAM航空、カンタス航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、アビアンカ航空の順となっている。アライアンス別では、ワンワールドは80.97%、スターアライアンスは77.83%、スカイチームは75.08%となった。

地域別では北アメリカはアラスカ航空、ヨーロッパはイベリア航空、アジア・パシフィックではJAL、中東・アフリカではカタール航空、ラテンアメリカではコパ航空がトップ。格安航空会社(LCC)ではイベリア・エクスプレスがトップ、エア・ドゥは3位となった。

■関連記事
JAL、定時到着率で世界トップ 4回目の三冠獲得

詳細はこちら

フィリピン Wifi 最安価格

日本-台湾行き航空券

日本-台湾行き航空券

9,718
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • U海外旅行中にあったトラブルについて
  • U米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • U昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 雑談
  • JALマイレージバンク
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
Traicy Talk(回答有)
  • STWさんと旅工房さん
  • Airport Limousine成田東京線の存在意義?
  • ストップオーバーが無料の航空会社は?
  • 制限エリアで買った食べ物の機内持ち込み
  • 海外旅行保険はいってますか
  • 翻訳のしかた