日米間航空協議、羽田空港の発着枠割当で合意できず

国土交通省

国土交通省は、12月2日から4日までワシントンで開催していた、日本とアメリカとの間の航空協議の結果を発表した。

日本側からは平垣内久隆大臣官房審議官ほか、アメリカ側からはトーマス・エングル国務次官補代理ほかが出席。当初の予定より1日延長して、羽田空港の発着枠の割り当てについて協議を続けていた。発着枠の割当で双方の合意は得られなかったため、引き続き協議を行う。

現在、日米間は旅客便は週525便、貨物便は週75便の計600便をを運航。日本の航空会社は東京/羽田・東京/成田・大阪/関西・名古屋/中部とアメリカ12都市、アメリカの航空会社は東京/羽田・東京/成田・大阪/関西・名古屋/中部・福岡・札幌/千歳・仙台とアメリカ22都市を結んでいます。

2014年の輸送人数は1084.8万人で、日本の航空会社は362.4万人、アメリカの航空会社は656.7万人、第三国の航空会社は65.7万人を輸送しています。

詳細はこちら

中国 Wifi 最安価格

日本-フランス行き航空券

日本-フランス行き航空券

50,168
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN 東京で静かなルートで観光がしたい
  • UCtripで日本国内線が安い?
  • UNJAL特典航空券の前倒し搭乗
  • Uフルサービスキャリアで飲み物のおかわりは注文しますか。
  • JGC修行2017
  • ANA SFC修行2017
Traicy Talk(未回答)
  • プーケットのお土産
  • 海外でパスポートを紛失した際の対応について
  • 機内持ち込みスーツケースについて
  • おすすめの宮崎ごはん
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • 参考までに
Traicy Talk(回答有)
  • 死海について
  • 四川航空の成田発成都行安すぎませんか?www
  • 10月8日日曜日に香港で旅行好きが集まりトラム貸切ツアーをやります
  • 昔の海外旅行
  • 韓国のおすすめアカスリ屋さん
  • 海外でのライブチケットの取り方。