フィンランド航空、IAGの株式取得交渉の報道を否定

フィンランド航空

フィンランド航空は、フィンランドメディアが伝えた、インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)との株式取得交渉の報道を否定するコメントを発表した。

IAGはブリティッシュ・エアウェイズやイベリア航空、ブエリング航空などを傘下に持つ。いずれもワンワールドに属する航空会社で、フィンランド航空もワンワールドに属している。また、ブリティッシュ・エアウェイズとフィンランド航空、日本航空(JAL)は日本とヨーロッパ間で共同事業を展開している。

フィンランド航空の2015年7月から9月までの第3四半期の売上高は6億3710万ユーロ(約841億円)で、前年同期比2.1ポイント上昇。1株あたりの利益は0.29ユーロとなった。四半期決算ではフィンランド航空の歴史の中で最も良い数値となっており、欧州の航空会社が格安航空会社(LCC)との競争激化や人員削減で苦戦している中で、業績を急速に回復している。

詳細はこちら

インド Wifi 最安価格

日本-フィリピン行き航空券

日本-フィリピン行き航空券

16,043
Traicy Talk (新着投稿)
Traicy Talk(未回答)
  • N成都おすすめのスポット教えてください!
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月7日土曜日)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAのマイルを貯めたい!
  • おすすめの宮崎ごはん
Traicy Talk(回答有)
  • 米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • 数カ国周遊する時のSIMカード
  • 別々の航空会社で航空券を購入した際の乗り継ぎについて
  • 海外でのライブチケットの取り方。
  • 夏の旅行でおすすめの場所
  • ビールの美味しい国