シンガポール航空グループLCC2社、今年度上半期の搭乗率は8割超

シンガポール航空グループの格安航空会社(LCC)である、スクートとタイガー・エアウェイズの2015年4月1日から9月30日までの搭乗率がいずれも80%を超えたことがわかった。

搭乗率はスクートは前年比3.0ポイント増の83.1%、タイガー・エアウェイズは同0.2ポイント増の83.8%となった。スクートは新路線開設などで供給座席数は10.1%増加した一方で、タイガー・エアウェイズは減便などで供給座席数は4.1%減少した。

これにより、スクートの営業損失は半減、タイガー・えエアウェイズは第2四半期の損失により1,000万シンガポールドル(8.7億円)の営業損失を計上した。

なお、シンガポール航空の搭乗率は80%、シルクエアーの搭乗率は71.3%となった。

詳細はこちら

フィリピン Wifi 最安価格

日本-フランス行き航空券

日本-フランス行き航空券

53,802
Traicy Talk (新着投稿)
  • U旅行に持っていけるパンを温める電化製品を教えて下さい
  • Uストックホルム経由リガ行きの旅について
  • U三か月以内にグアムに旅行した方に質問
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • UN韓国のトースト
  • Uビールの美味しい国
Traicy Talk(未回答)
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 雑談
  • JGC修行2017
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
Traicy Talk(回答有)
  • 香港→深セン、wifiについて(VPN利用がいいともうのですが)
  • 経由地からの航空券を捨てることってできるんですか?
  • yellow card要否について
  • シェアリングエコノミーが発展している都市
  • カジノに行ったことがある方へ
  • アメリカ入国審査