シンガポール航空グループLCC2社、今年度上半期の搭乗率は8割超

シンガポール航空グループの格安航空会社(LCC)である、スクートとタイガー・エアウェイズの2015年4月1日から9月30日までの搭乗率がいずれも80%を超えたことがわかった。

搭乗率はスクートは前年比3.0ポイント増の83.1%、タイガー・エアウェイズは同0.2ポイント増の83.8%となった。スクートは新路線開設などで供給座席数は10.1%増加した一方で、タイガー・エアウェイズは減便などで供給座席数は4.1%減少した。

これにより、スクートの営業損失は半減、タイガー・えエアウェイズは第2四半期の損失により1,000万シンガポールドル(8.7億円)の営業損失を計上した。

なお、シンガポール航空の搭乗率は80%、シルクエアーの搭乗率は71.3%となった。

詳細はこちら

アメリカ Wifi 最安価格

日本-フィリピン行き航空券

日本-フィリピン行き航空券

19,711
Traicy Talk (新着投稿)
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • UN香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • U海外旅行中にあったトラブルについて
  • U米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • U昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAマイレージクラブ
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • JALマイレージバンク
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • 香港エクスプレスのセールチケットを予約する方法。
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて
  • プーケットに行きたい!
  • 機内持ち込みスーツケースについて
  • 3月にハワイへ行きたいです。
  • Uberを利用したことがある方。どうでしたか?