エティハド航空、ダーウィンエアラインの株式を取得し「エティハド・リージョナル」にリブランド!

51

エティハド航空は、スイスのダーウィンエアライン(DARWIN AIRLINE)の株式のうち33.3%を取得し、「エティハド・リージョナル」にリブランドすると発表しました。

現在運航している、ジュネーブ〜ライプツィヒ・フィレンツェ・グラーツ・リンツ・リヨン・トリノ・ヴェローナの8路線に加え、2014年中頃までに21の新路線を開設し、18都市に新たに就航します。

エティハド航空は、2014年6月1日より、アブダビ〜チューリッヒ線を毎日就航させ、乗継ぎがスムーズにできるようになります。

ジェームズ・ホーガンエティハド航空最高経営責任者(CEO)は、「旅行者は、世界中の目的地へ、アブダビ経由でエティハドブランドの航空機で、ヨーロッパの都市、ずっと広い範囲から接続できるようになります。また、エアベルリンとエアセルビアにもメリットをもたらします。」 と語っています。

エアベルリンとエアセルビアは、エティハド航空と提携を行っています。

詳細はこちら