三井住友カード、てるみくらぶ倒産は「お買い物安心保険」の対象外 顧客からの相談には個別に応じる

VISAブランドとマスターカードブランドのカードを発行する三井住友カードは、てるみくらぶに関する問い合わせがあることを認めた上で顧客からの相談に応じている。

基本的には利用者とてるみくらぶとの間での問題になるとした上で、具体的な内容は顧客によって異なるものの、個別に状況をヒアリングして対応している。その中には、インターネット上で話題となっている抗弁書を出してもらうケースもあるという。カードに付帯している「お買い物安心保険(動産総合保険)」は、動産のみが対象となっており、今回の旅行商品の販売は保証の対象外となるという。三井住友カード広報では、「お客様で心配になっている方からの問い合わせにはしっかりと対応する。」と話している。

てるみくらぶでは、VISAとマスターカードでの支払いを受け付けていた。ジェーシービー(JCB)とアメリカン・エキスプレスは利用はできなかったため、影響はなかった。

■関連記事
【会見全文】てるみくらぶ社長会見 詐欺は強く否定「とにかく生きることしか考えてなかった」
てるみくらぶ、山田社長が会見で破綻の経緯説明 銀行の貸し渋りも破綻の一因か
てるみくらぶ、旅行者に対する債務は約99億円となる見通し 旅行者への弁済は約1%
てるみくらぶ、直近に出発する旅行者へ送信したメール全文
「てるみくらぶ」利用者の声、キャンセルや全額返金求める声多数 結婚式で約150万円を振り込んだ人も
てるみくらぶのトラブル、返金は行われるのか 「弁済業務保証金」とは何?
旅行比較サイト各社も「てるみくらぶ」「自由自在」の掲載を休止
てるみくらぶ、ツアー催行を当日に中止 事業停止へ

アメリカのWifi価格比較