ハワイアン航空、大阪/関西〜ホノルル線のビジネスクラスフルフラット化

ハワイアン航空

ハワイアン航空は3月16日より、ビジネスクラスにフルフラットシートを導入した機材を、大阪/関西〜ホノルル線へ投入を開始した。

ビジネスクラスのシート配列は「2-2-2」で全18席、幅52センチ、全長193センチで、シートはポルトローナ・フラウ社製の高級レザーが採用された。各席にはUSBポート2つとAC電源を設置している。アメニティはハワイの有名デザイナー「シグ・ゼーン」とコラボレーションした、ハワイから着想を得たアメニティキットを用意した。ホノルル国際空港では「プルメリアラウンジ」が利用できる。また、プレミアムエコノミークラス「エクストラ・コンフォート」も28席増加した68席を配置している。

3月30日からは東京/羽田〜ホノルル線の1日1便、5月10日からは東京/羽田〜コナ・ホノルル線の全便に導入する。すでに東京/成田〜ホノルル線への投入は開始しており、札幌/千歳〜ホノルル線を除いた日本線全便のビジネスクラスのフルフラット化が完了する。

ハワイアン航空は、ホノルルを拠点とする航空会社。ハワイの島内で1日160便以上、グループ全体で1日200便以上を運航している。アメリカ主要11都市のほか、日本、韓国、中国、オーストラリア、ニュージーランド、サモア、タヒチへの直行便も運航している。アメリカ運輸省の調査では12年連続で定刻離着率1位。

詳細はこちら

ハワイのWifi価格比較