チェジュ航空、名古屋/中部に夜間駐機を開始 3月2日から午前発便の運航開始

チェジュ航空(済州航空)は、名古屋/中部〜ソウル/仁川線を3月2日から増便する。

増便にあたり、中部国際空港に夜間駐機を開始。これにより、名古屋/中部を朝、ソウル/仁川を夜に出発することができるようになる。日帰りや1泊など短期間の旅行でも利便性が高くなる。韓国の格安航空会社(LCC)として日本での夜間駐機を行うのは初めて。機材はボーイング737-800型機を使用する。

チェジュ航空は、2007年に広島〜済州線にチャーター便として乗り入れを開始。2009年に定期便を開設後、現在は東京/成田、大阪/関西、名古屋/中部、福岡、札幌/千歳、沖縄/那覇とソウル、釜山を結ぶ11路線を運航している。

■ダイヤ
7C1607 名古屋/中部(08:00)〜ソウル/仁川(10:10)
7C1608 ソウル/仁川(18:30)〜名古屋/中部(20:20)

詳細はこちら

韓国のWifi価格比較