東海航空、ボーイング787-9型機5機を確定発注

ボーイング787-9型機

中国・深センを拠点とする東海航空は、ボーイングに787-9型機を5機、確定発注した。価格はカタログ価格で13.2億米ドル。

すでにボーイングとは、ボーイング737MAX8を25機とボーイング787-9型機を5機発注する覚書を、7月に結んでいる。ボーイング737MAX8は10月に確定発注している。ボーイング787-9型機は2クラス290席を配置する計画。

東海航空は2006年に貨物航空会社として運航を開始し、2014年に旅客機の運航を開始した。。現在は中国国内で10機以上のボーイング737-800型機を運航しており、年末までに15機体制になる見込み。中国政府が掲げる一帯一路構想の一環として、深センをハブに輸送力を拡充する。

■関連記事
東海航空、ボーイング737 MAX 8と787-9型機を計30機発注へ

詳細はこちら