ルフトハンザグループと中国国際航空、共同事業で合意 来夏スケジュールから

LHCA

ルフトハンザグループと中国国際航空は、共同事業を行うことで合意した。中国・北京で調印式を開き、発表した。

ルフトハンザグループにとって、全日空(ANA)、シンガポール航空に次ぐ、アジアで3つ目のジョイントベンチャーとなる。2017年夏スケジュールでの開始を予定している。

ルフトハンザグループのルフトハンザ・ドイツ航空、オーストリア航空、スイス・インターナショナル・エアラインズの3社と中国国際航空は、コードシェアによる接続の強化、フライト時刻の調整と最適化、共通運賃の販売を行う。

ルフトハンザグループのカーステン・シュポア取締役会長兼最高経営責任者(CEO)は、「中国の航空市場は、世界的に最も重要な成長市場の一つです。私たちは、スターアライアンスパートナーである中国国際航空とともに、成長による利益を享受したい」と述べた。

詳細はこちら