JR東日本×中国国際航空、中国~仙台線利用の訪日客向け旅行商品を発売 東北旅行の需要喚起へ

東北新幹線(EX-TRAIN)

JR東日本は、中国から東北への訪日観光客向け旅行商品「東日本鉄道假日 仙台東京鉄道自由行」を発売する。

中国から東北地方への唯一の定期便を運航している中国国際航空(エアチャイナ)と連携し、北京~上海/浦東~仙台線および、東京/羽田または東京/成田~北京線の航空券と、東北新幹線仙台~東京間の片道きっぷ、宿泊をパッケージにした商品で、仙台空港をゲートウェイとして東北周遊と東京観光を組み合わせ、中国における訪日旅行ニーズの掘り起こしを目指す。

販売価格は1名2,450人民元(約39,000円)からで、2名から利用可能。1名あたりプラス340人民元で、仙台~東京間のきっぷを東北新幹線などが乗り放題の「JREAST PASS(Tohoku area)」に変更できる。設定期間は9月1日から12月31日まで。9月14日・15日、30日から10月3日は除外日。8月上旬からの発売を予定している。

詳細はこちら