米ホテルチェンのレッドルーフ、日本進出 大阪・難波にホテルオープン

レッドルーフプラス大阪難波

アメリカのホテルチェーン、レッドルーフ(Red Roof)は、日本初となるホテル「レッドルーフプラス大阪難波」を7月15日にオープンした。

旧「フローラルイン難波」を1,450万米ドル(約15.4億円)かけて改修。客室数も198室から224室に26室増室した。

レッドルーフのアンドリュー・アレクサンダー社長は「レッドルーフの継続的な世界進出は、同ブランドがいかに健全で需要が高いかを示す明確なサインです。アメリカからアジアまで、適正料金による快適な宿泊施設に対する旅行者のニーズは過小評価できません。レッドルーフはそこへ参入し、世界各地のさまざまな都市でそのニーズに対応します。」とコメントした。

レッドルーフはアメリカで470施設を保有。2015年にブラジルにホテルをオープンし、海外初進出。25年間でブラジルで35軒から40軒の開発を予定している。タイでも開発を予定しており、2017年から2020年にかけて、バンコクやプーケットでの開業を予定している。

アクセスは地下鉄なんば駅から徒歩5分。日本橋、心斎橋からも徒歩数分圏内。

詳細はこちら