ANA CargoとUnited Cargo、貨物共同事業を開始

anacargo

ANA CargoとUnited Cargoは、7月5日より日本とアメリカ・カナダ間で貨物共同事業を開始した。貨物スペースの共同販売と輸送を行う。

ANA CargoはLufthansa Cargoと共同事業を行っており、United Cargoとの共同事業の開始で、United Cargoのネットワークを活かすことができ、北米へより短時間での貨物の運搬が可能となる。

ANA Cargoは10機の貨物専用機ボーイング767−300Fを保有し、東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西から沖縄/那覇のハブを通じて、ソウル/仁川・青島・上海/浦東・台北/桃園・広州・香港・バンコク・シンガポールへ深夜早朝時間帯に運搬。昼間は東京/成田とソウル/仁川・大連・天津・青島・上海/浦東・厦門・台北/桃園・広州・香港・バンコク・シンガポールを結ぶ路線と、大阪/関西と大連・天津・青島・香港を結ぶ路線で貨物便を運航している。また、全日空(ANA)便の貨物スペースを利用した貨物運搬も行っている。