「ホテルグランパシフィック LE DAIBA」、きょう「グランドニッコー台場」へリブランド

ledaiba8

「ホテルグランパシフィック LE DAIBA」が、きょう7月1日に「グランドニッコー東京台場」としてリブランドオープンした。5月には京浜急行電鉄よりヒューリックが取得していた。

オークラニッコーホテルマネジメントは2015年9月をもって「ホテル日航東京」の運営を終了し、現在は「ヒルトン東京お台場」として運営している。「グランドニッコー東京台場」の正面に位置しており、従来より室数は増加する。ヒューリックは、新ブランドの旗艦ホテルとなることで立地のポテンシャルが最大限引き出され、ホテルパフォーマンス向上が期待できるものとしている。

「グランドニッコー東京台場」は地上30階建てで客室数は884室。ゆりかもめ台場駅に直結している。1998年に「ホテル・グランパシフィック・メリディアン」として開業し、2008年には「ホテルグランパシフィック LE DAIBA」に改称された。

■関連記事
ホテル日航東京、きょうから「ヒルトン東京お台場」に

詳細はこちら