国土交通省、羽田空港国際線発着枠の配分を発表 ANA4枠、JAL2枠

国土交通省

国土交通省は、2月に日米間で合意した、羽田空港国際線発着枠の国内航空会社への配分について発表した。

現在割り当てられている、全日空(ANA)と日本航空(JAL)それぞれ2枠は昼間時間帯に移行した上で、新たに昼間と深夜早朝のそれぞれ1枠をANAに配分する。これにより、ANAは昼間3枠と深夜早朝1枠、JALは昼間2枠を運航することとなる。

国土交通省では、アメリカ路線にかかる羽田空港の国際線発着枠について、2013年10月に行った羽田空港国際線発着枠の配分の考え方に則り、割り当てを決めた。

現在、羽田空港を発着するアメリカ線は、ANAはロサンゼルス線とホノルル線、JALはサンフランシスコ線とホノルル線に就航している。

■関連記事
ANA、羽田空港アメリカ線発着枠の配分に歓迎のコメント 「羽田と成田を最大限に有効活用」
JAL、羽田空港アメリカ線発着枠の配分にコメント 「仕方がないが残念」

詳細はこちら