カンタス航空のボーイング737型機、テスラ車とメルボルン空港の滑走路で競争

QF

カンタス航空のボーイング737−800型機と、アメリカ・カリフォルニアを拠点とするテスラの電気自動車「モデルS P90D」を、メルボルンのアバロン空港の長さ3,000メートルの滑走路で競演を繰り広げた。

ボーイング737型機の離陸速度は時速約260キロで、「モデル S P90D」は走り始めから3秒間で時速100キロに到達でき、最高時速は約250キロであるのが特徴。レースではテスラ車が先行し、ボーイング737型機は徐々に差を縮め、滑走路の端でボーイング737型機が追い抜いた。

カンタス航空の環境・燃油事業部門長のアラン・ミルンは、今回の提携はお互いの想いが一致した結果だとして、「両社は交通産業における顧客サービスやイノベーション、持続可能性の限界を押し上げることについて、熱意を持って取り組んでいます。我々は、テスラ社が電気自動車の分野を高級ブランドに転換した方法について大いに感心しています。お互いの理解を深め、2012 年から開始しているジェット燃料の代替としてバイオ燃料を活用する事業を進めていくことを心待ちにしています」と述べた。

詳細はこちら