ブリュッセル空港、3月29日まで閉鎖続く見込み 一部旅客便の再開検討

bru

爆発テロの影響で閉鎖となっているブリュッセル空港は、現地時間3月26日、3月29日以前に空港の運用を再開することはないとの声明を発表した。

ブリュッセル空港によると、部分的に旅客便の運航を再開するための一時的な解決策を検討しており、エンジニアや技術者などの一部は、ターミナルへ入ることが許可された。爆発があったターミナルの安全性を確認し、改修するための評価を行う。また、空港は新たなセキュリティ対策を施す予定。

日本からブリュッセルへ唯一の直行便を運航している全日空(ANA)は、3月31日までの東京/成田〜ブリュッセル線の欠航を決めており、4月10日までの航空券の販売を停止している。

■関連記事
ANAの東京/成田〜ブリュッセル線、4月10日まで販売取りやめ
ANA、東京/成田〜ブリュッセル線を3月末まで運休 デュッセルドルフ線で臨時便

詳細はこちら