ボーイング、787−10型機の主要組み立てを開始 川崎重工の愛知県の工場で

78710

ボーイングは、787−10型機量産初号機の主要組み立てを開始した。

当初の計画より2週間早い3月14日に、愛知県弥富市の川崎重工業名古屋第一工場で、前部胴体へ円型フレームの取り付けを開始した。最終組立は、アメリカ・サウスカロライナ州ノースチャールストン工場で行われる予定で、2018年にも初号機を納入する予定。

ボーイング民間航空機部門の787型機開発担当バイス・プレジデントであるケン サンガー氏は、「主要組立を前倒しで開始できたのは、世界中で協力しているボーイングとパートナー企業のチーム全体によるコミットメント、規律、パフォーマンスがあってこそです。787-10型機を生産システムに円滑に組み込めるよう、あらゆる適切な措置を取っています」とコメントした。

787-10型機は2014年に就航した787-9型機の胴体をそのまま延長した機体で、設計と部品の95%は787-9型機と同一となっている。すでに9社から153機を受注している。

詳細はこちら