【速報】エアアジア・ジャパン、2020年度にもシアトル就航 株式上場を目標に

エアアジア・ジャパン

エアアジア・ジャパンの井手隆司会長は、2020年度にもアメリカ西海岸のシアトルに進出すると明らかにした。

東京/成田、名古屋/中部〜シアトル線と東京/成田、台北/桃園〜ソウル/仁川線に就航する。井手会長は、インターライン契約の締結次第で、アメリカの就航地はサンフランシスコなどに変わる可能性があるとしている。

エアバスA320型機14機、A330型機6機体制で、売上高500億円、営業利益率15%、株式の上場(IPO)を目標とする。

詳細は別途お送りする。

■関連記事
エアアジア・ジャパン、井手隆司会長講演「空港と地域の機能強化に向けて〜就航エアラインが地域に望むこと」【全文書き起こし】
【速報】エアアジア・ジャパン、2017年度に6機体制で中国本土やソウル・マカオに進出へ
【速報】エアアジア・ジャパン、2018年度に11機体制で東京/成田をハブ化 中長距離線進出へ
【速報】エアアジア・ジャパン、2019年度にも台北ハブ化とホノルル線進出
エアアジア・ジャパン、前スカイマークの井手隆司氏と有森正和氏の役員就任を発表
エアアジア・ジャパン、札幌/千歳・仙台・台北/桃園〜名古屋/中部線の3路線に就航へ