デルタ航空、早稲田大学の米国留学生に航空券を提供

main

デルタ航空は、早稲田大学が学生向けに提供する米国留学プログラム「グローバル・リーダーシップ・フェローズ・プログラム」の趣旨に賛同し、2015年度から2年間、選抜された学生に米国渡航用の航空券を提供することに合意したと発表した。デルタ航空が日本の大学の留学プログラムを支援するのは、今回が初めてとなる。

デルタ航空の森本大日本支社長は、「早稲田大学の『世界を舞台に活躍するリーダーを育てる』という留学プログラムの趣旨に賛同し、提携を決めました。日本で最大の運航規模を持つ米国の航空会社として、将来有望な学生の皆様が渡米し、多くの経験を持ち帰れるよう協力したいと思います。」と述べている。

デルタ航空では、教育支援をコミュニティ活動の柱の一つとして位置づけ、数々の教育機関や学校を支援している。

詳細はこちら