ブリティッシュ・エアウェイズ、東京/成田線にボーイング787−9型機来夏投入 最新のファースト搭載

ブリティッシュ・エアウェイズ

ブリティッシュ・エアウェイズは、2016年7月より、東京/成田~ロンドン線にボーイング787−9型機を投入すると発表した。

ファーストクラス「First」が8席、ビジネスクラスの「Club World」が42席、プレミアムエコノミーの「World Traveller Plus」が39席、エコノミークラスの「World Traveller」が127席の計216席を配置する。「First」は787-9型機向けに特別に開発された最新のもので、4つの収納スペースや23インチモニター、タッチスクリーン式のコントローラーを備えており、従来の14席を収容するFirstキャビンと異なる、8席の仕様となっている。

合わせて、東京/羽田~ロンドン線には、最新の機内エンターテイメントシステムを備えたボーイング777−300ER型機を導入する。

ブリティッシュ・エアウェイズのジョンティ・ブルナー日本・韓国地区支社長は、「最先端の技術が用いられた787-9型機『ドリームライナー』を成田=ロンドン線へ導入できることを非常に嬉しく思います。787-9型機は極めて大きな環境上の利点を持っている他、より快適な空の旅を可能にする技術と最新のFirstキャビンを備えています。今回の新機材の成田路線への導入は日本のお客様へより快適なサービスをご提供するための投資であり、一人でも多くのお客様にこの素晴らしい航空機を楽しんでいただきたいと思っております。」とコメントしている。