香港ドラゴン航空、香港〜上海/虹橋線増便 グループで上海線は週121便体制に

KA

香港ドラゴン航空は、香港と上海/虹橋を結ぶ便を、11月10日より週2便追加すると発表した。

増便となるのは、火・金曜。機材はエアバスA330型機を使用する。

これにより、香港と上海/虹橋間は週9便で結ばれることになる。また、上海/浦東線は1日13便を運航しているほか、グループのキャセイパシフィック航空が1日2便を運航しており、香港と上海間は週121便体制になる。

香港ドラゴン航空アルジャーノン・ヤウ最高経営責任者(CEO)は、「中国の国際金融センターで重要な商業都市として、上海は香港ドラゴン航空のネットワークの中で最も重要な目的地の一つとなっています」と、中国本土へのコミットメントの継続を協調した。

■ダイヤ
KA882 香港(12:50)〜上海/虹橋(15:25)/火
KA882 香港(13:00)〜上海/虹橋(15:25)/金
KA883 上海/虹橋(16:40)〜香港(19:15)/火・金

詳細はこちら