ピーチ、連続式耐空証明を日本の航空会社として最速で取得 毎年の更新検査不要に

APJ'

ピーチ(Peach)は、保有する16機のエアバスA320型機全てで、連続式耐空証明を日本の航空会社として最速で取得したと発表した。

耐空証明は、航空機の安全性を確保するための強度、構造、性能等の基準に適合していることを国土交通省が検査を行い、耐空証明書を交付することで証明するもので有効期間は1年。これまで毎年1回更新が必要となるため、1機につき年間約3日から4日程度定期便を運休していたものの、連続式耐空証明を取得したことにより、耐空証明の有効期間が「整備規程の適用を受けている期間」に変更となり、これまで毎年1回義務付けられていた更新耐空証明検査の受検が不要となる。

連続式耐空証明の取得要件は、「整備規程に基づき適切な整備体制が確立され、かつ、十分な能力を有し、これらに基づき適切な整備等が行われることにより継続的に安全性が確保されると認められる場合」とされており、安全・整備管理体制や航空機の耐空性の適切な維持・管理体制が国により認められたとしている。

詳細はこちら