8日間のアメリカ縦断旅 “北米往復、運賃6,000円”の謎の航空会社を検証せよ【レポート】

今年の夏ごろからか、あまり聞きなれない航空会社の名前を国内外の様々な航空券紹介サイトで目にするようになった。

決まって話題になるのは、驚異的な料金の安さ。主に日本や中国発の北米、欧州行き等の長距離路線が、総額4万円台で頻繁に出てくるのだ。告知は一切なくゲリラ的に販売されるので、多くは認知が広がる前に売り切れてしまう。

「青い空を飛ぶ白鷺」のロゴが印象的なその航空会社の名前は、厦門(アモイ)航空。台湾のちょうど対岸の大陸側にある、厦門という都市を拠点に350本の路線を運航している。1984年に設立され、現在は中国南方航空の傘下でスカイチームに加盟している。

中国に馴染みがあるか、航空会社に詳しい人であれば聞いたことや利用したことがあるかもしれないが、一般の人にとってはほとんど未知の会社だろう。

今回筆者は厦門航空の驚異的な安さの秘密を探るべく、航空券を実際に購入してアメリカに行ってきた。購入した航空券の旅程は以下の通りだ。

MF816 東京/成田(14:55)〜厦門(18:45)
MF845 厦門(09:30)〜深セン(10:50/12:50)〜シアトル(09:25)
MF846 シアトル(11:55)〜深セン(18:15/20:15)〜厦門(21:30)
MF815 厦門(09:10)〜東京/成田(13:45)

料金は購入時のレートで2人で約8.9万円、1人あたり4.4万円程度。

料金の内訳を見て驚いた。この航空券の運賃(ベースフェア)は1人6,000円程度で、残りは税金や燃油サーチャージが占めていた。東京からシアトルまで往復で6区間も搭乗しているので、運賃はほぼ無料といってもいいぐらいの金額である。

筆者が最初にこのような航空券を見てから約半年間コンスタントに見かけているので、何かのミスによる突発的なエラー運賃ではないように思える。おそらく空席があって今後売れる見込みが薄い路線であれば、運賃を可能な限り下げてでも乗ってもらおう、というスタンスなのだろう。記事最後では、このような航空券の探し方について解説しているので参考にしてほしい。

本レポートでは厦門航空の搭乗記に加えて、アメリカ西海岸を縦断してきた旅の様子もお届けする。厦門航空に限らず、アメリカ旅行の参考として読んでいただければ幸いである。

1 2 3 4

Wi-Fi 最安価格

ハワイ

航空券比較

ベトナム行き

19,552

  • 旅行好きが集まるコミュニティ!トライシートーク
  • Wi-fi
  • 航空券
Traicy Talk (新着投稿)
  • 機内食がおいしい航空会社
  • ヨーロッパとアメリカの違い
  • 18きっぷのルート
  • 香港エクスプレスのセールについて
  • 昔の海外旅行
  • 一週間の自転車旅行に最適なリュック
  • 台湾でオススメの臭豆腐屋さんを教えてください!
  • ブカレストへの経路について相談です。
  • タイのチェンライへ行かれた方
  • 中国に持っていってはいけないものはありますか。
Traicy Talk(未回答)
  • 何より無くさないようにすることです
  • 参考までに
  • 占いが大好きです。
  • イチローが復帰したのでシアトルに行くことにしました。
  • ANAマイレージクラブ
  • JALマイレージバンク
Traicy Talk(回答有)
  • クアラルンプールの穴場
  • マニラの情報
  • 初めての海外。香港。どこに宿泊するのがおすすめですか?
  • バンコクのホテル選び
  • 安く移動できる方法をおしえてください
  • ロスバゲしました
  • 高雄のオススメ夜市はどこですか?
  • 台湾のお土産に青果を持って帰りたいのですが、可能でしょうか?
  • JGC修行2017
  • 桃園国際05時発関空行き
  • 新着
  • セール
  • 運航情報
  • 旅行情報
  • 乗り物・コラム
  • その他
  • リリース