航空券3往復とホテル3泊で36,000円 HafH×JALの航空サブスクを使い倒した【レポート】

日本航空(JAL)とジャルパック、KabuK Styleが提携し、航空券とホテルがセットとなったサブスクの実証実験が実施された。KabuK Styleが運営する宿泊サブスクサービス「HafH(ハフ)」のスタンダード会員以上を対象に、8月に300名限定で販売された。その後、追加販売がされたものの、すぐに上限に達した人気のサービスだ。

筆者は、実際に航空券3往復とホテル3泊で36,000円の、いわゆる「航空サブスク」に登録し、使い倒してみた。

「航空サブスク」の使い方

対象路線は、東京/羽田発着札幌/千歳・釧路・山形・小松・南紀白浜・高知・長崎・宮崎・沖縄/那覇・宮古の10路線。単純往復が基本であるものの、南紀白浜を利用の場合のみ、復路は大阪/伊丹・大阪/関西とすることもできる。各路線の直行便1往復と指定ホテル1泊をセットとして、利用者本人が3セット利用することが出来る。

「航空サブスク」を実際に利用するためには、3回の各旅行申込時と、実際に旅行をする際に、月額9,800円の「HafH」のスタンダード会員以上であることが必要であった。このため、少なくとも2か月間スタンダード会員以上であることが必要であり、実際にかかるコストは36,000円に加えて、19,600円以上の月会費支払いが必要ということになる(実際は8月からサービス終了の11月までスタンダード会員以上を維持した利用者が多いのではと推察する)。

スタンダード会員になると、月3泊の利用が可能。宿泊に必要な「コイン」が200コインも付与され、所持する「コイン」の範囲内で好きな宿に宿泊することができる。「航空サブスク」の利用には100コインが必要なので、月会費と「航空サブスク」の料金を切り離せるわけでもない。

…といった塩梅で、実際にサービスを利用していない人に理解してもらうにはいささか複雑な設計となっているのがこの「航空サブスク」であるが、ここから先は、話をなるべくわかりやすくするために、36,000円で航空券3往復・ホテル3泊の「航空サブスク」を使い倒した体験談として話を進めていこう。

「サブスク」なので土日も3連休も、人気の便も定額

この「航空サブスク」での魅力の1つは、空席・空室がある限り、追加料金なく利用できる点であると考える。例えば、土日の1泊2日で旅行すると、通常のツアーでは平日に比べて料金が高く設定される。土曜日の午前中に出発して、日曜日の夜に帰ってくるような便を設定すると、さらに追加料金が設定されるのがツアー”あるある”だ。

しかし、この「航空サブスク」では、追加料金はない。どの時間帯の便を選んでも、土日や連休のホテルをチョイスしても、その料金はすべて定額のサービスのうちに含まれるという太っ腹なサービスだ。

通常のツアーと同様にマイルがたまる

ジャルパックなどのツアー商品と同様、積算率50%でマイルがたまり、上級会員の判定に用いられるFLY ONプログラムのFLY ONポイントも積算される。

最長距離となる東京/羽田〜宮古線を利用した場合、片道あたり579マイル貯まる。JALカード会員を対象とした「JALカード ツアープレミアム」の登録者は積算率が100%となることから、片道1,158マイル、3往復で6,948マイルが獲得できる計算となる。上級会員は最大130%(JMBダイヤモンド)のボーナスマイルも付くことから、片道1,911マイルを獲得できる。

また、上級会員資格の獲得に必要なFLY ONポイントも獲得できる。東京/羽田〜宮古線の場合には片道あたり1,158FLY ONポイントが獲得できることから、3往復で6,948FLY ONポイントとなる。サブスクサービスの料金のみを考慮した場合、1ポイントあたりの単価は5.18円とかなり割安になる。この代金に宿泊料金が含まれているので、実質的な単価は更に下がる。

上級会員資格獲得のために搭乗する、いわゆる”修行”は、効率も重視されるので、どの行程が最適なのかの答えはない。ただ、ホテルに泊まってのんびり旅をするスケジュールの余裕(と羽田発着で旅行ができること)が条件になるが、じつは”修行僧”の選択肢に充分に入るサービスだったのだ(宮古行きは運賃が高く一般的に”修行”ルートではないため、”修行僧”も少なく、新鮮な”修行”になったのではないか)。

相場と比べて非常に安価

この「航空サブスク」、1回の旅行のコストは12,000円。最長距離となる東京/羽田〜宮古線でみると、ツアー商品では直行便よりも安価となる経由便を利用することが多い。JALダイナミックパッケージで同じ条件で比較すると、12月11日〜12日を旅行日程とすると、1人83,800円と表示された(11月27日照会)。先の日程で比較しても、人気の高い宮古に、1日1往復しかない直行便を利用するとなると、1泊2日で1人5万円程度の日程が多い。

航空券単体でも直行便の場合2万円以上することが多く、この航空券+ホテル1回あたり12,000円の「航空サブスク」がいかにお得か、おわかりいただけるだろう。

筆者は、宮古へ2回、沖縄/那覇へ1回利用したが、36,000円分以上使い倒した自信がある。また、筆者の場合、3回の旅行でJALマイルが約10,000マイル付与されたため、実質的な旅行費用はさらに下がった。1マイル1.5円程度で換算すれば、3回の航空券+ホテルの利用が20,000円程度で済んだ計算になる、つまり1回の旅行が6,000円強ということだ…

ここまで、この「航空サブスク」について、(マイラー視点の)メリットを中心にまとめてきた。一方で、実証実験ならではの、疑問に感じた点もまとめていく。

1 2
B!