トキエア、機体デザイン案とロゴマークを発表

トキエアは、機体デザイン案とロゴマークを発表した。

深く鮮やかで青い日本海を越えて佐渡・新潟から日本各地へ華麗に飛び立つ朱鷺の翼、羽根がそうした出会いや交流を生んでいく姿をイメージしており、「TOKI」の「i」は先端が赤いトキのくちばしを想起させながら、「空をもっと自由に」というメッセージのアイコンとして、移動の自由を体現する象徴として今後のコミュニケーションに活用していくとしている。

2022年の就航を見込み、9月にNORDIC AVIATION CONTRACTOR(Ireland)と、ATR72-600型機2機のリース契約を締結している。短滑走路離着陸型のATR42-600Sの導入も検討している。

詳細はこちら

B!