「ロコンジェット北海道」、羽田から千歳へフェリー あす初便就航

AIRDO(エア・ドゥ)の特別塗装機「ロコンジェット北海道」が、12月1日の初便が出発する新千歳空港に向けて、羽田空港を11月30日午後2時50分ごろに飛び立った。

ボーイング767-300ER型機(機体記号:JA607A)の機体両面に、北海道をPRする「北海道だいすき発見隊」に任命されているきつねポケモン「ロコン」と「アローラロコン」を描いている。右側はエア・ドゥイエローを基調としてロコン、左側はエア・ドゥブルーをベースにアローラロコンのデザインとしている。

座席のヘッドレストカバーは3種類で、右側、中央、左側の客席でデザインが異なる。ロコンが「ポケモンずかん」の37番に登録されていることにちなみ、37列目はすべての席に2匹のロコンが描かれたヘッドレストカバーを付けた。客室乗務員はドリンクサービス時にオリジナルエプロンを着用し、ロコンとアローラロコンが描かれた紙コップで機内サービスを行う。

11月5日から26日にかけて那覇空港のMRO Japanで塗装作業を実施した後、28日夜に羽田空港にフェリーされ、29日に報道公開されていた

初便は12月1日の札幌/千歳を午後0時20分に出発し、東京/羽田に午後2時に到着するADO20便。その後、函館行きのADO59便、東京/羽田行きのADO60便として運航を予定している。

詳細はこちら

B!