チャイナエアライン、エアバスA321neoを初受領 フルフラットのビジネスクラス装備

チャイナエアラインは、エアバスA321neoの初号機を受領した。エア・リース・コーポレーションからリースで導入した。

プレミアムビジネスクラス12席、エコノミークラス168席の計180席を備えている。ポストコロナで求められる非接触サービスに対応するため、機内の構成を微調整していた。

プレミアムビジネスクラスには、15.6インチの4Kモニターを備えた。ワイドボディ機用に開発したフルフラットのシートを、ナローボディ機に初めて導入した。座席幅を広げ、高さの調節ができるパーティーションも設置し、プライバシーを確保する。エコノミークラスには、13.3インチの4Kモニターを備えた。いずれも、ピクチャー・イン・ピクチャー・マルチプロセッシング機能を搭載し、複数のサービスを同時に利用できる。

また、スマートリンクに対応し、乗客のスマートフォンやBluetoothイヤホンで機内エンターテインメントを利用できるようにする。化粧室には非接触センサーを導入した。機内Wi-Fi、LINEやFacebook Messengerなど7種類のアプリで無料のテキストメッセージ送信機能も備える。

詳細はこちら

B!