星野リゾート、「OMO7 大阪 by 星野リゾート」を2022年4月22日に開業

星野リゾートは、「OMO7 大阪 by 星野リゾート」を2022年4月22日に開業する。

建物は地上14階建てで、客室数は8タイプ436室となる。大きなテーブルとソファを設えたリビングに大阪の代表的な観光スポットが描かれた「OSAKAボード」を備え、最大6人が宿泊できる「いどばたルーム」や、秘密基地のような2段のやぐら式ベッドスペースが特徴的な「だんだんルーム」、キッチンやウォークインクローゼットが付いた、暮らすような滞在ができる「OMOハウス」などがある。

館内には、パブリックスペース「OMOスペース」を設ける。全長約85m、高さ5mの開放的な空間には、徒歩圏内の情報を集めた「ご近所マップ」や、「OMOカフェ&バル」「OMOダイニング」「ライブラリーラウンジ」などを設ける。また、入り口の壁面には大阪の代表的な観光スポットを描いた幅約6メートル、高さ約4メートルの「ドでかOSAKAボード」がある。

ホテル棟の目の前には都市部にありながら緑豊かなガーデンエリア「みやぐりん」が広がる。「みや」は新今宮の「みや」、「ぐりん」は緑を表す「green」に由来している。大きな芝生広場とそれを囲う段々のデッキテラスや散策路などで構成された、緑の丘のようなガーデンエリアで、入口部分の地上からホテルの2階に向けて、なだらかに上がっていくつくりとなっている。

「みやぐりん」には、大阪のお風呂屋文化を感じる外観と開放的な天窓が特徴的な「湯屋」を併設する。デザインは、大阪にお風呂屋文化が花盛りとなった時代を参考にした「光と影」を表した外観が特徴で、商人の街として栄えた華やかな明るい姿を「白銀色」で表現し、発展のシンボルとして大阪の空を覆う工場の煙を「銀黒色」で表現している。

終日利用できるカフェテリア「OMOカフェ&バル」と、大阪の食文化をベースにホテル独自のアレンジが加わったメニューを堪能できるレストラン「OMOダイニング」を備える。朝食はビュッフェスタイルで提供し、ねぎ焼きやうどんなどの「粉もん」や「出汁」を始めとした大阪の食文化を楽しめほか、昼食はアラカルト、夕食はアラカルトとコースメニューを提供する。

また、徒歩圏内の「街」を知り、新たな発見や出会いを通して街に溶け込むことをサポートするサービス「Go-KINJO」を展開し、新世界を代表するB級グルメ串カツ屋を巡るツアーや、店のこだわりのだしを使用したメニューの香りや味わいを楽しみながら、歴史や郷土色が詰まった関西の「だし文化」に触れられるツアー、知られざる新世界エリアの見どころ、体験どころをOMOレンジャーが案内しながら、一緒に散歩するツアーなどを用意する。

アクセスは、JR・南海電鉄新今宮駅からすぐ、大阪メトロ動物園前駅、新今宮前駅から徒歩約3分。

詳細はこちら

B!